注文住宅の流れ

注文住宅で家を建てると、どのような流れになるのでしょうか。注文住宅で家を建てる時は、まず設計者や建築会社の担当者と話し合いをします。どのような家を作りたいか、予算も含めて希望を話します。この時に、家に対する要望が具体的であるほど、設計者はイメージしやすいでしょう。次の打ち合わせでは設計者がざっくりとした設計案を用意し、建築会社は見積もりを持ってきます。設計案と見積もりを見ながら、こうしたい、ああしたいという意見を言い、予算についても話し合います。次の打ち合わせで設計と見積もりに問題がない場合は、契約を結び、いよいよ施工が始まるという流れになります。建売の家はモデルルームなどをチェックして、気に入ったら購入するための契約を結ぶだけですが、注文住宅にすると、このような流れを経るため時間がかかります。しかしかけた時間に見合うような、自分たちが希望する家を建てられるというメリットがあります。理想の家のイメージが強い人は、注文住宅を選んでみてはいかがでしょうか。