一戸建ての外構作りをなめてはいけない!

PR| 福生市エリアに憧れの注文住宅 | 熊本でテクノストラクチャーの住まいづくり|

「もともと家のデザインにはこだわりがとくにない」ということもあって、 豊田市で注文住宅で評判の工務店で平屋の新築一戸建て住宅を建てた際には、外構についても最低限のことしかしませんでした。というか、家の中のことは旦那が「オレのこだわり」を最大限に発揮して、それなりの一戸建て住宅を建ててくれました。同時期に長野の須坂市で注文住宅を建てた兄の意見も取り入れました。

しかし旦那は家の外構については、ノーアイデアだったようで、私にしても「ガーデニングをやりたい」とかいう希望もないので、本当に一戸建て住宅の外構は、最低限のことしかしなかったのです。具体的には、「建物の周りに砂利を敷く」といった程度です。

けれど、それ(建物の周りに砂利を敷く)すら、「べつにしなくてもいいかなー」なんて思っていたのです。そんな風に思っていた当時の私をぶっとばしてやりたいですけれどね。今となっては。だって、家の周りに砂利すらなかったら、わが家は非常に困ったことになっていたことが、今では容易に想像できますもん(家づくり当時はまったく想像できていなかったのですけれど)。

例えば、家の周りに砂利を敷いておかなかったら、雨の日なんかは土がぬかるんでしまいます。ですからドロドロの土で服や靴が汚れてしまうというものですよ。「外構は最低限のことしかしていない。砂利を敷いただけ」という言葉からもわかるように、もちろんコンクリート敷きの駐車場ではありませんから。

それに、今のうちの敷地の雑草の侵食具合を見ていますと、「ほんっとうに砂利を敷いておいてよかったー」と思うわけです。だってうちの敷地の雑草は、まるではじめからうちの敷地が緑色であったかのように生えてきていますからね。1年しか経っていないのに、あっという間に土が雑草で覆われるわけです。

しかし、砂利を敷いているところは雑草があまり生えていませんからね。砂利がカバーになっているのでしょう。ですから家の周りは砂利で守られているわけです。それはもう、防犯の上においてもそうですよ。誰か来たら、砂利を踏む音でわかりますから。なるほど砂利は防犯性が高いというわけです。

以上のことから、私が家づくりにおいて何が言いたいのかと言いますと、「外構は最低限、砂利だけでも敷いておこう」ということです。生活とは直接関係ないからと、外構をなめてはいけませんよ。

PR|AGAでお悩み解決|エステサロンを上手に利用する情報サイト|工務店向け集客ノウハウ|健康に役立つ口コミ情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|マッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|生命保険の選び方マーケティング経営研究.net注文住宅のための用語集